エンタメニュース

ここでは、「エンタメニュース」 に関する記事を紹介しています。
▼お探しの商品・宿泊施設を検索できます!  
★★ 無料プレゼント! ★★


毎月3万円を確実に副収入で得る方法

記憶術をマスターする

FXで300万を稼いだ実績見せます。

ほったらかしでも副収入


M93-1062-100116.jpg北野誠が涙の会見から10ヶ月の期間を開けて芸能界に復帰するそうです。

昨春、ラジオ番組での“過激発言”が問題視されて、社団法人「日本音楽事業者協会」から猛抗議され、4月下旬に謝罪会見を開いて芸能活動を休止していました。

報道によると、激怒していた関係者の怒りがやっと収まり、復帰のタイミングを見ているようです。

確定申告
沖縄
レシピ


関連タグ : 北野誠, 芸能界,

ビヨンセ負けた… テイラー・スウィフト4冠

第52回グラミー賞の最優秀アルバム賞など4冠を受賞した美人カントリー歌手、テイラー・スウィフト(20)。ビヨンセ(28)らと争った末、新歌姫の座をグラミー史上最年少で獲得、「両親も歓喜していると思う。親と応援してくれたファンに心から感謝したい」と満面の笑みをみせた。喜びを胸に14日、初来日する。

フィアレス-プラチナム・エディション(DVD付)
フィアレス-プラチナム・エディション(DVD付)

【送料無料選択可!】B’Day デラックス・エディション [DVD付3ヶ月期間生産限定盤] / ビヨンセ
アンタッチャブル関連商品

突然の無期限休養が先週末、発覚した

お笑いコンビ「アンタッチャブル」のツッコミ担当、柴田英嗣(34)。

理由は「病気療養のため」とされていますが、
売れっ子芸人の突然の休養劇にさまざまな憶測が飛び交っています。

レギュラーはテレビ朝日系

いきなり!黄金伝説。」

「クイズプレゼンバラエティー Qさま

や地方局の番組を含め5本。

番組関係者によると復帰には半年ほどかかるということらしい。

柴田英嗣(アンタッチャブル) / だまって俺についてこい 【CD Maxi】

関連タグ : アンタッチャブル, 柴田,

川口春奈が初主演、「三井のリハウス」「ポカリスエット」のCMで人気となった女優、川口春奈(14)が3月13日放送のBSフジ「パンテーンドラマスペシャル『初恋クロニクル(仮)』」(後10・0)で初主演することが23日、分かった。綾瀬はるか(24)、新垣結衣(21)ら今をときめく女優を輩出した伝統のドラマシリーズ抜擢に、川口は「とても光栄です。このドラマをぜひ多くの人に見てほしい」と決意を新たにしている。

 新人美少女タレントの登竜門を駆け上った川口が、ついにドラマ初主演という大舞台に立つ。

 川口が初主演を飾る「パンテーンドラマスペシャル」は、2003年から08年まで毎年フジテレビ系で放送されてきた伝統ある単発ドラマ枠で、その時の最も旬な若手女優を起用。各回ともキラキラとした青春の輝きや女性が美しく成長する姿を描き、綾瀬はるか、新垣結衣のほか、水川あさみ(26)といった今をときめく女優たちが代々主演を務めてきた。

川口春奈
来栖あつこ 来栖あつこDVD KFullNormal20090701016_m
先月15日に自身のブログで「悔しくて、涙が止まらない」などとつづり、交際していた俳優(22)に裏切られたことを女性誌に告白したタレントの来栖あつこ(31)が30日、都内で会見しました。

5月上旬、2年半の交際にピリオドを打ったが貸していた数百万円が未返済のまま。

先月12日に返済を求めて俳優の母親と会ったところが「知らない男性が2人いて怒鳴られた」と明かした。

弁護士を立てて相手に内容証明を送付して返済を求めている。

俳優の所属事務所は「弁護士に相談していると本人に聞きました。詳しいことは聞いていません」とした。

どういう状況でお金を貸したのかはわからないが、恋人にお金を借して結局返ってこないというのはよく聞く話ですね。

家族間でもお金の貸し借りは極力しない方がいいと思いますよ。 どうしてもというなら貸すんじゃなくてあげるつもりで。

それにしてもこんな事で会見をするって・・・・どうなんでしょう?

売名行為と思われても仕方ないですよ。
マイケル・ジャクソンが現地時間25日、心不全のため死亡してしまいました。

ロスの自宅で心停止の状態で病院に運ばれそのまま帰らぬ人となってしまいました。享年50歳


7月からは無謀ともいえるロンドン50回公演を予定していて、リハーサルの真っ最中だったよう。

すでに健康に支障も出ていたそうで、遺伝子異常による「アルファーⅠ型アンチトリプシン欠乏症」という病気を患っていたようです。

最後といわれるロンドン公演はすでにチケットが完売しプラチナチケットとなっていました。

2003年に少年虐待の罪で逮捕・起訴され、2005年には疑惑の勝訴を勝ち取ったのですが、多額の弁護費用や元々の浪費癖から経済的にも窮地にたっていて、今回のロンドン公演はその穴埋めのいみもあったのではという見方が多いようです。

整形による顔面崩壊や病気による白色化など、終末は暗い話題しかありませんでしたが、ギネスにも載っているスーパースターの最後はあっけないものでした。
エビちゃんこと蛯原友里さんがヒップホップグループの「RIP SLY ME」のILMARIさんと交際している事が発覚した。

29日発売のフライデーに掲載されている。

蛯原さんの実家を2人で訪れ、えびちゃんの家族にILMARIさんを紹介したという。
ILMARI×Salyu/VALON

って誰?



忌野清志郎さん、ガンで死亡

「愛しあってるかい」のフレーズで一世を風靡し、日本のキング・オブ・ロックと称えられた歌手、忌野清志郎(いまわの・きよしろう=本名・栗原清志)さんが2日午前0時51分、がん性リンパ管症のため都内の病院で死去した。58歳だった。

清志郎さんは2006年7月に喉頭(こうとう)がんであることをHPで公表。その後、08年2月に東京・日本武道館公演を行い復活したが、同年7月に左腸骨にがんが転移し、再入院。感動を与え続けた不屈のロック魂が天国へ旅立った。

最初にがんが見つかったのは06年7月。医師から声帯摘出手術を勧められたが、歌手生命が絶たれることから拒否、放射線治療を選んだ。玄米菜食法や漢方など民間療法も取り入れ、克服。07年12月「ジョン・レノン・スーパーライヴ」で1年半ぶりに復活を遂げた。

完全復活祭」と銘打った08年2月の単独公演では、竜平さん、百世さんがサプライズでステージにあがり、清志郎さんに花束を贈呈。2人が幼少のころ、スタジオに呼び寄せ一緒にレコーディングするほど子煩悩で、家族思いだった清志郎さんが、思わず落涙するシーンもあった。

 同年7月、がんが再び清志郎さんを襲う。左の腸骨に転移し、治療に専念するため、同夏に予定していた野外ライブやイベントをキャンセル。再入院の際の直筆メッセージに「このくらいのことは覚悟してたんで、ぜんぜんヘコんでないから」と気丈に綴っていた。
決算期を迎え、上場している芸能プロの泣き笑いが見えてきた。

 業績を伸ばしている芸能プロは、サザンオールスターズ福山雅治といった売れっ子を抱えているアミューズ。09年3月期第3四半期(08年4―12月)の連結業績の純利益が11億8400万円で、前年同期の5億7400万円から大幅増。09年3月期(通期)の純利益予想は前年同期比152.3%の14億7000万円としている。

 浜崎あゆみ倖田來未が所属しているエイベックスエンターテイメントも“勝ち組”だ。09年3月期第3四半期の連結業績の純利益は、前年同期の9億1200万円から、14億7300万円にアップ。09年3月期の純利益予想は前期比229.9%の30億円である。

老舗のホリプロは09年3月期第3四半期の連結業績の純利益で6500万円の赤字を計上。前年同期の12億2300万円から大幅にダウンした。09年3月期の純利益予想も、前期比96.8%減の5100万円だ。

 お笑い界の雄である吉本興業は09年3月期第3四半期の連結業績の純利益が7億5400万円で、前年同期の20億1100万円から大きく減らした。09年3月期の純利益予想は前期比61.0%減の12億円である。

「テレビ局に吹き荒れる大不況の影響が芸能プロにも波及しているのです。とりわけ、ホリプロや吉本などの老舗プロは『タレントのギャラ』『営業』『番組制作の請負』が収入の3本柱になっています。テレビ局はギャラや制作費を大幅に切り詰めていて、ギャラが全盛期の半分になったタレントもいる。老舗プロにとっては大打撃です。」

芸能人の世界にも今後ますます格差社会が広がりそう。
女優、藤原紀香(37)とお笑いタレント、陣内智則(35)が2007年春の結婚からわずか2年で離婚することが決定的となった。紀香の所属事務所は19日、2人の離婚が近いことを示唆。一方、陣内は19日朝、テレビの生番組で離婚報道を全否定した。人気女優とお笑い芸人の“格差婚”に、いったい何が起きたのか。

芸能界史上最高の5億円披露宴が話題を集めた注目のカップルだけに、この日、時事通信と共同通信は相次いで、紀香の所属事務所が離婚することを明らかにした-と報じた。近日中に離婚届を提出するという。

関係者によると、2人の関係は昨年秋ごろから悪化。紀香は今年1月からミュージカル「ドロウジー・シャペロン」の主演を務め、先月28日には大阪での1日限定公演も終え、仕事に一段落がついたことで離婚を決意したようだ。

どうやら陣内がノリカに三行半を突きつけられる様相になっているよう。

一説には陣内の暴力が原因だという話も