病気

ここでは、「病気」 に関する記事を紹介しています。
▼お探しの商品・宿泊施設を検索できます!  
★★ 無料プレゼント! ★★


毎月3万円を確実に副収入で得る方法

記憶術をマスターする

FXで300万を稼いだ実績見せます。

ほったらかしでも副収入


薬用凌駕(薬用リョウガ、アランテ2)【へるぴぃ~healthy&peace~】女性に多いのがストレス性の円形脱毛症や分け目の薄毛。聯

ストレス性の薄毛に悩んでいる女性に朗報です。

「加齢と家事のストレスか、昨年の暮れあたりから脱毛症になり悩んでいました。どこに出かけるのも帽子を被らなければいけないので、毎日憂鬱でした。そんな時にモニターのお話をいただきました。育毛剤のモニターねんて恥ずかしいと初めは思っていたのですが、いざ使ってみると匂いも気にならず、1本目が終わって2本目に入ったころ、薄毛が目立たなくなっていることに気が付きました。早速追加で購入させていただきました。」

驚異的人気の発毛料「薬用凌駕(りょうが)」(初回20本限定販売)



サージカルマスク

新型インフルエンザが大阪を中心に感染者が拡大しています。

都内のホテルではイベントが中止になり、宴会場はガラガラだそう。
大阪や関西では被害はもっと甚大でしょう。

そんな状況の中、高性能マスクが在庫切れで手に入らない状況になっています。コンビニなどでも売れ切れが続き、数量制限のある店も。

今回の豚インフルエンザは通常のインフルエンザよりも毒性が弱いため、死亡率は低い。しかし感染力が強いのでこれからも感染者はどんどん増えていくでしょう。 電車通勤なさる方、十分にお気を付け下さい。

抗菌マスク
ラクトトリペプチド
カルピス株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:石渡 總平)基礎研究フロンティアラボラトリーは、当社が発見した食品由来のアンジオテンシン変換酵素阻害ペプチドであるVPP・IPP(「ラクトトリペプチド」)が、血管内皮機能を改善するとともに、循環器障害を予防する可能性があることを、国立循環器病センター 内科心臓血管部門の北風政史部長の協力により確認しました。この研究成果は、本日の日本薬学会(3/28)で発表します。

 これまで、軽症高血圧者を対象にした試験でVPP・IPP(「ラクトトリペプチド」)を含む『カゼイン酵素分解物』が、低下した血管内皮機能を改善することを確認しています。
 今回の研究により、この改善が「ラクトトリペプチド」を有効成分としてもたらされる可能性が示されました。また、同じ試験により、「ラクトトリペプチド」が循環器障害を予防する可能性が示されました。
●最近、一日中何もしたくないし、何も面白くないと思うことがある。
●食事療法をしていないのに、体重が1ヶ月に5%以上増減した。またはほとんど毎日の食欲の減退または増加。
●最近、眠りについて、ほとんど毎日以下のどれかがある:
・寝付けない・夜中に起きる・早朝に目が覚めてしまう・寝過ぎ
●最近、動作や会話の速度が遅い。または気分が焦っている(乱暴な動きや早口など)。
●最近、疲れやすいと感じる。または気力がわかない。
●最近、価値あるものなんて何もないと思う。または罪悪感がある。
(単に自分を責めることや、病気になったことに対する罪の意識は含まない)
●最近、思考力や集中力が鈍いと思う。
または、何かを決めることがなかなか出来ない。
●最近、死について繰り返し考える。(単純に「死ぬのが怖い」と考え続けることは含まない)または自殺したいと思う。(具体的な計画があるかどうかは問わない)

5つ以上当てはまったあなたは、手遅れになる前に一度病院に行きましょう。

うつ病予防

メンタルヘルス
インフルエンザ対策

インフルエンザと風邪は全くの別物です。

インフルエンザの場合は38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛など全身の症状が強く、あわせて普通のかぜと同様の、のどの痛み、鼻汁などの症状も見られます。 さらに、気管支炎、肺炎、小児では中耳炎、熱性けいれんなどを併発し、重症化することがあるのもインフルエンザの特徴です。

普通のかぜの症状は、のどの痛み、鼻汁、くしゃみや咳(せき)などが中心で、全身症状はあまり見られません。発熱もインフルエンザほど高くなく、重症化することはほとんどありません。

インフルエンザ予防
インフルエンザが急速に広まっている。

インフルエンザの特効薬といわれるタミフルが効かないAソ連型のウィルスが
各地で確認されている。

タミフルの代わりにリレンザという薬もあり、インフルエンザの最初の徴候が現れてから48時間以内にリレンザによる治療を開始すると、最も効果的とされています。
リレンザは、グラクソ・ウェルカム社がインフルエンザの治療に開発した経口吸入抗原です。
最近行われた研究では、リレンザは現在使われているインフルエンザワクチンの代わりとして、インフルエンザの予防に効果があると証明されています。


全国的にインフルエンザが急速に広まっています。

東京都福祉保健局は15日、「インフルエンザの流行注意報」を発令しました。都内インフルエンザ定点医療機関からの1月5日から1月11日までの患者報告数 が、10人/定点を超えた保健所の管内人口の合計が、東京都全体の30%を超えた場合を基準とする「流行注意報基準」に達したため今回のインフルエンザ流行注意報が発令されることとなりました。

過去10シーズンの中では 最も早い発令となっています。
都はさらなる拡大も懸念されるため、感染予防に十分な注意を呼びかけています。

インフルエンザの保健所別患者 報告数が10人/定点を超えたのは31保健所中11保健所で、管内人口の合計は東京都全体の40.3%になりました。過去10シーズンの同時期の中では最も多くなっています。都内ではAH1亜型(Aソ連型)、AH3亜型(A香港型)、B型の 3種類とも検出されています。

個人でできるインフルエンザ予防対策は、
1)外から帰ったら手洗い・うがいを行って下さい。
2)室内の適度な加湿・換気を行ってください。
3)規則正しい生活を送り、休養を十分にとるようにしましょう。
4)バランスのとれた食事と適切な水分の補給に気をつけましょう。
5)必要な 時以外は人込みへの外出を控えるようにしましょう。
6)ワクチン接種について、かかりつけ医等と相談しましょう。



また、「咳エチケット」による感染拡大防止については、
1)せき・くしゃみの症状がある時はマスクをしましょう。
2)せき・くしゃみをする時は口と鼻をティッシュでおおいましょう。
3)せき・くしゃみをする時は周りの人から顔をそむけましょう

インフルエンザは風邪ではありません。
拡散することで新たな耐性菌が発生することも考えられます。
予防をすることで少しでもリスクを回避しましょう。
免疫力アップで風邪&インフルエンザ予防!エキナセア
免疫力アップで風邪&インフルエンザ予防!エキナセア
京都で起きた恐ろしい事件。
五女への殺人未遂容疑で逮捕された母親の高木香織容疑者(35)が14日、病院で死亡した四女に対する殺人容疑で再逮捕された。「頑張って面倒みてる ね」。そう周囲に思われたいがために、わが子2人を手にかけたようだ。

医師は、病室でかいがいしく看病する母親の「別の顔」を見抜けなかった。専門家は、 子どもを病人に仕立てる「代理ミュンヒハウゼン症候群」ではないか、と注目する。

代理ミュンヒハウゼン症候群(Munchausen Syndrome by Proxy, MSbP)とはミュンヒハウゼン症候群の一形態であって、傷害の対象が自分自身ではなく何か代理のものであるような精神疾患の事。

ミュンヒハウゼン症候群(Münchausen syndrome)は自分に周囲の関心を引き寄せるために虚偽の話をしたり、自らの体を傷付けたり、病気を装ったりする症例。ビュルガーの著作から「ほら吹き男爵」の異名を持ったドイツ貴族・ミュンヒハウゼン男爵(実在)の名前から付けられている。1951年にイギリスの医師、リチャード・アッシャーによって発見され命名された。

京都ノートルダム女子大大学院心理学研究科長の河瀬雅紀教授(精神医学)は「病人に仕立てる行為を繰り返すことで死に至ることもあるが、殺意がないのが同症候群の特徴」と話す。高木容疑者が「症状が悪化すれば、ずっと付き添ってあげられる。死亡させるつもりはなかった」と供述していることから、「児童虐待の一種である同症候群の可能性が高い」と指摘する。

自分がよく思われたいからという発想を持つ加害者、幼少時代に何か問題行動を起こしていなかったのか、今後同じようなケースでの虐待が出てくるかもしれない。そうなる前に代理ミュンヒハウゼン症候群にいたる経緯などを調査し、対策を練る必要があるであろう。
鳥インフルエンザで死亡者が中国の北京で発生したのはつい先週の事。

ベトナム北部ランソン(Lang Son)省で中国から密輸されたニワトリから高病原性鳥インフルエンザ(H5N1)ウイルスが検出されたという報道。

家畜衛生当局が検査した16のサンプルのうち8つがウイルスの陽性反応を示したという。

中国では前週、2008年以来初めてとなる人間への鳥インフルエンザ感染例が報告されている。

あと2週間ほどで旧正月を迎えることから、ベトナムでも市場には多くのニワトリが出回っている。首都ハノイでも産地を偽装した中国産の鶏肉が、相次いで発見されている。

このところ寒波に見舞われたベトナム北部では、気温が下がり鳥インフルエンザウイルスの生存期間が延びている上に、人々が屋内で過ごす時間も増えることから感染の危険性が高まっている。(c)AFP

トリインフルエンザが人から人へ感染する症例は今のところ見られないが、大量に蔓延する密輸商品の中には、まだまだ多数の感染された鶏が発見される可能性がある。

お隣中国で発生した鳥インフルエンザだからといっても人体間感染が進めばあっという間に日本にも広がってしまう。

死亡率80%と言われるトリインフルエンザの今後のニュースは要チェック。